脱毛サロンはクーリングオフできるの?

近年、脱毛する女性というのは年々増加してきています。
同じように脱毛サロンの中には強引な勧誘をして、納得させることなく無理に契約させるようなサロンも残念ながらあります。

無駄なお金を払わないようにするためにも、サロンを解約する方法をしっかりと理解しておく必要があります。
それでは、クーリングオフをする方法をご紹介します。

エステサロンのクーリングオフ

エステサロンにおいてクーリングオフが適用されるのにはいくつか条件があります。
エステサロンで強引に勧誘されて契約してしまったものの、自宅に変えると取り消ししたくなってしまうということもあります。
そのような場合には、まだまだ解約は間に合います。

脱毛エステサロンによって色々なコースがありますが、フラッシュ脱毛がメインになります。
どんなコースを選択しても契約をなかったことにするのも可能です。
その後のお金を払うことももちろんありません。

しかし、なんでもクーリングオフできるのかといえばそうではありません。
クーリングオフをするためには、いくつか条件を満たしていなければなりません。
例えば、起源、期間、金額を確認してみましょう。

医療脱毛のアルファクリニック新宿院がキャンペーン中

クーリングオフの条件

クーリングオフの条件についてご紹介します。
契約締結日から8日以内であること、契約期間が1ヶ月以上であること、契約金額が5万円以上であることとされています。
これらの条件が満たされている場合には契約はクーリングオフできます。

エステサロンの場合には5万円以上の契約であるということが重要です。
ただし、実際のところは5万円未満であっても返金制度によって返金されることもあります。
契約時には返金における項目をしっかりと確認しておくようにしましょう。

また、必ず8日以内に送るようにしてください。
消印が8日目で問題ありません。

クーリングオフの方法と手順

クーリングオフの仕方・手順について
クーリングオフとはいってもとても簡単です。
契約をしたエステサロンに電話をしてから、契約破棄を了承してもらえるように直談判をするのに比べればとても簡単であり効果もあります。
クーリングオフは電話で行うことはできません。

解約したいコースの契約書を準備して、契約をした時には必ず契約書をもらっているはずです。
決して捨てないようにしてください。

はがき、便箋にクーリングオフをしたいとのむねを記載します。
郵便局で特定記録郵便、簡易書留、内容証明で送付します。
あとは振込を待つだけですのでとても簡単ですよ。

医療脱毛はアリシアクリニック

コメント