脱毛をするのはなぜ?中高年女性の脱毛が増えているわけ

脱毛の動機といえば様々です。
ファッションのためだったり、おしゃれのためだったり…
様々あるのですが、そのようなこととは全く異なる理由でエステに通っている女性がいます。ただ、近年では中高年女性の間でVIO脱毛を決意する人がとても増えているのです。

意外と知らない中高年女性の脱毛理由

実は介護される時のために脱毛を選択する人が多いです。
年齢を重ねて介護をされる時のために脱毛をはじめる人が多いのです。

親の介護をする時に、下の毛が生えているとスッキリさせてあげることができずに、下の毛をきれいに処理しておいたほうが良いと思う人が増えているのです。

自身が将来誰かに介護される時のことを想定して、アンダーヘアの脱毛をしておくのです。
ある脱毛サロンにおいては、40代から50代の方のうち焼く%がアンダーヘアの脱毛を行っており、介護脱毛のためにさらにその割合は増えているのです。
高齢者問題や介護問題といったものが深刻化している中でこれからも増加していくのではないかと言われています。

施術するスタッフも高年齢可

エステティシャンの平均年齢も上がってきています。
40代以上のスタッフがこの数年の間で急激に増加してきています。
このようなスタッフの年齢が上がっているのも、中高年で脱毛を受けようとしている人が増えているということに関係しています。

ただ、スタッフの働き方が多様になっていることも関係していますが、同世代のスタッフが増えたことによって、40代以上の顧客に対して的確に対応できるようにするためでもあるのです。

エステティシャンとの会話が楽しみだったり、ボディケアはもちろんメンタルケアの場にもなっているのです。
なかには、自身の介護脱毛は自分にとっての終活であるという方もいるくらいです。

エステティシャンとの会話を楽しみに来る方、来店回数を重ねることによって少しずつ自分のことを話してくれるようになったり、まさに単なる脱毛としてだけではなく、脱毛を行うと同時にメンタルや体のその他の問題を気軽に相談できる関係性を望んでいる方も少なくありません。

今後も脱毛サロンに求められるものというのは、脱毛、美容のようなボディケアだけではなく、心のケアや癒やしまで必要な時代になってきたといえるのではないでしょうか。

年齢に関係なくいつになっても女性というのは美しくありたいと思うものです。
終活という人生における締めくくりについても言えることです。
エステサロンというのは世間とは少し離れた空間であり、そこに身を置くことで自分の将来と正面から向き合うことにつながっているのです。

コメント