妊娠中に脱毛をしたいならどうすれば良い?

妊娠中に脱毛施術が受けられないのには理由があります。
また、妊娠に気がついておらずに、光脱毛施術を何度も受けていた、ということも後々になって発覚することもあります。
ただ、基本的には、妊娠中には脱毛エステにおいて施術を受けることはできません。

ここで勘違いしてはいけないことは、妊娠中に施術を受けたからといって、胎児や母体になにかしらの悪影響があるのかといえばそうではありません。
ただ、脱毛サロンにしても光脱毛の家庭用脱毛器を持っている方も、無事に出産を終えるまでの間はムダ毛処理は避けた方が良いでしょう。

妊娠産後にまた毛が生えてくることも

妊娠や出産をしてから毛が生えてくることがあります。
というのも、妊娠中にはホルモンバランスが崩れてしまいます。
毛の成長は、ホルモンがランスにとても強く影響を受けますので、妊娠をしてから脱毛効果をしっかりと得ることができずに、また同じ場所からムダ毛が生えてくることもあるのです。

また、逆に多毛症といって毛が濃くなることもあります。
脱毛施術を受けてもあまり意味がないためないため毛が濃くなる可能性もあり、あまり脱毛施術をしても意味が無いために出産するまでの間はムダ毛処理のことは忘れるようにしましょう。

せっかく施術をしても思っているような脱毛効果が得られないこともあります。
普段よりも毛が濃くなってしまったり、コンディションもなかなか安定しません。
施術したからと言って胎児に悪影響があるわけではないのですが、皮膚のとても敏感になっていますので、総合的に考えて脱毛に適した時期であるとはいえないのです。

脱毛サロンとしては実際どうなの?

脱毛に限ったことではありませんが、妊婦にこれが安全だとはっきりと言うわけにもいきません。
多くのことが妊娠中に絶対に安全なのかどうか、胎児に安全なのかを証明するようなデータを摂ることはできません。

そのため、脱毛をはじめ、健康食品とかも免責事項や注意事項として妊娠中には医師に相談をとかかれています。
脱毛もまた胎児に対して本当に安全なのか、100%大丈夫なのかは分からないのです。

今後人s人する予定のある人はどうする?

もし近いうちに妊娠をする予定があるのか、可能性があるのであれば、無期限で予約をとることができる脱毛サロンを選ぶようにしましょう。
そうすれば妊娠をした時には脱毛を一旦ストップして、そこから脱毛を受けるようにしましょう。

コメント